赤ちゃんがほしい。子供がほしい。だけどなかなか妊娠できない。そんな悩みを抱える方のために、様々な情報を掲載しています。

排卵誘発剤の種類 注射

排卵誘発剤 の 種類 は、飲み薬の他に注射があります。

赤ちゃんが欲しい人にとって、無視できない不妊治療法の一つですが、注射は飲み薬に比べて効果が強い分、副作用に気をつける必要があります。

icon ヒュメゴン、パーゴグリーン、HMG「日研」など

FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)を含む製剤。飲み薬では充分な効果が得られなかった場合に使用。商品により、FSHとLHの割合が異なり、治療のケースによって使い分ける。お腹の張りや痛みなどの副作用。製剤名はhMG。

icon フォリスチム、フェルティノームPなど

FSH(卵胞刺激ホルモン)が主で、LH(黄体形成ホルモン)はごく微量の製剤。hMG製剤と同様の目的で使われる。検査でLHの値が正常な場合に使用されるケースが多い。製剤名はFSH。

多胎率は約20%と高い注射での不妊治療ですが、副作用のリスクも考える必要があります。

赤ちゃんはほしい。でも副作用が心配という場合は、赤ちゃんを産む力を高めてくれる、マカや葉酸のサプリメントを試してみる方法も、リスクのない治療法の一つになります。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0