赤ちゃんがほしい。子供がほしい。だけどなかなか妊娠できない。そんな悩みを抱える方のために、様々な情報を掲載しています。

排卵誘発剤の種類 飲み薬

排卵誘発剤 の 種類 にはどのようなものがあるか、飲み薬についていくつか紹介していきます。

排卵誘発剤の種類や効果を正しく見極め、赤ちゃんがほしい、子供が欲しいと願う人、不妊治療を検討している人は参考にしてみましょう。

icon セキソビット

FSH(卵胞刺激ホルモン)の分泌を促す白い錠剤。効果が低い分、副作用も少なめ(頭痛、眼のかすみなど)。排卵がうまくいかない時の治療や、タイミング法、人工授精時に使用。製剤名はシクロフェニル。

icon クロミッド、セロフェン

セキソビットに比べて効き目が高い錠剤。同じくFSH(卵胞刺激ホルモン)の分泌を促進。タイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精などで使用される。効果が高い分、副作用に注意。製剤名はクロミフェン。


赤ちゃんが欲しいけれど妊娠できないという人にとっては、排卵誘発剤は有効な治療法の一つです。

ただし、どうしても副作用の心配があるので、服用の効果を見極めつつ判断していく必要があります。

副作用が心配という場合は、マカや葉酸のサプリメントでまずは身体の力を強くして、妊娠力を高めるという方法が、副作用の心配もなく安心です。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0