赤ちゃんがほしい。子供がほしい。だけどなかなか妊娠できない。そんな悩みを抱える方のために、様々な情報を掲載しています。

排卵誘発剤 とは

排卵誘発剤 (はいらんゆうはつざい)とは、その名の通り、排卵を誘発するための薬ですが、排卵に問題がある場合や、卵の数を増やしたい場合に主に使用します。

排卵誘発剤は、赤ちゃんがほしい、子供がほしいと願う人にとって、最もオーソドックスな不妊治療の一つです。

排卵が正常にできなかったり、全くない状態である排卵障害は、赤ちゃんができない不妊原因の一つです。

排卵誘発剤は、このような排卵障害や、その他黄体機能不全などの治療に効果を発揮します。排卵誘発剤により、正常なホルモン分泌を行えるようサポートします。

また、排卵がある場合でも、卵を増やして妊娠の確率を上げたい場合にも排卵誘発剤は使用されます。できるだけ質の高い卵を育てたいという考えです。

排卵誘発剤には、セキソビット、クロミッド、セロフェン、フェミロンなどの飲み薬、ヒュメゴン、パーゴグリーン、フォリスチム、フェルティノームなどの注射があります。

飲み薬は比較的穏やかな効き目、注射は比較的効き目の強いものです。

赤ちゃんが欲しい人にとって、排卵誘発剤を使用するのかどうか、使用するなら飲み薬と注射のどれを選択するか、悩ましいところではあります。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0