赤ちゃんがほしい。子供がほしい。だけどなかなか妊娠できない。そんな悩みを抱える方のために、様々な情報を掲載しています。

不妊治療 排卵期の検査

不妊治療の検査で、排卵期の検査は低温期の次に訪れる排卵期に受ける検査です。

赤ちゃんがほしい、子供がほしいと願う人にとって、いずれも大事な検査となってきます。

icon 超音波検査

排卵期にも超音波検査はあります。この段階では、卵胞の大きさがどのくらいに育っているかを調べます。内膜の状態を調べることもできます。

icon ホルモン検査

排卵期のホルモン検査も低温期と同様です。ホルモン数値がわかる他に、正確な排卵時期を予測することができます。

icon フーナーテスト

子宮頸管内の粘液を顕微鏡で調べ、元気な精子がどれだけいるかを調べる検査です。性交渉後、12時間以内の検査が目安となります。精子と子宮頸管粘液との相性を調べることで、不妊の原因を探ります。痛みはありません。

icon 頸管粘液検査

文字通り、内診台で頸管粘液の状態を調べる検査です。粘液に異常がないかを確認します。検査自体はあっという間に終わります。

赤ちゃんが欲しい、子供が欲しいと思う方は、排卵期の検査もチェックしておきましょう。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0