赤ちゃんがほしい。子供がほしい。だけどなかなか妊娠できない。そんな悩みを抱える方のために、様々な情報を掲載しています。

不妊治療 低温期の検査

赤ちゃんがほしいと願う人にとって、妊娠ができない場合は病院での検査を希望する人も出てくるかと思います。不妊治療の検査の中で、低温期の検査にはどのようなものがあるかをご紹介します。

icon 超音波検査

超音波検査は、赤ちゃんがほしい、子供がほしいと思う人にとって、馴染み深い検査かもしれません。どの検査でも頻繁に行われます。主に卵の成育状況を観察します。プローブを入れますが、痛みはありません。

icon ホルモン検査

血液を採取し、妊娠に関わるホルモンの値を調べます。ホルモン数値の他、高プロラクチン血症、PCOS、黄体機能不全などの病気の有無もわかります。

icon 子宮卵管造影

子宮頸部よりカテーテルを入れ、造影剤を注入、X線撮影により内部の状況をより詳しく見ることができます。卵管が閉塞していないかなど、主に卵管の状態を見るのに行われる検査です。

icon 卵管通気検査

子宮卵管造影よりも簡単な卵管通気検査というものもあります。卵管通気検査では、造影剤は使わずに、二酸化炭素の圧力変化によって卵管に異常がないかを調べます。

赤ちゃんが欲しい、子供が欲しいと思う人にとって、いずれも大切な検査となります。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0