赤ちゃんがほしい。子供がほしい。だけどなかなか妊娠できない。そんな悩みを抱える方のために、様々な情報を掲載しています。

男性側の不妊検査

赤ちゃんがほしい、子供がほしいと願う場合、女性だけでなく男性側の協力も必要不可欠です。男性側の不妊検査は限られますが、限定されるが故、重要な検査になります。

icon 精液検査

精液検査では、精液に含まれる精子の数、運動率、奇形率などについて、顕微鏡を使って調べます。不妊の原因が男性側にあるケースもあるので、大切な検査となります。

精子の数が少ない乏精子症、元気が足りない精子無力症、精子が1個も見あたらない無精子症、精子が全く動かない精子不動症など、様々な病気の有無が発見できます。

icon 視診・触診

視診・触診により、陰嚢、精巣の状態を見ることができますが、精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)という病気を発見することにもつながります。精索静脈瘤とは、精巣周囲に血液が溜まってしまう病気で、男性側の不妊原因としても少なくない事例です。

不妊治療は女性側の問題と、とかく捉えられがちですが、赤ちゃんが欲しい、子供が欲しいと願うカップルにとっては、女性だけでなく男性の治療が必要となることも少なくありません。決してあきらめず、二人三脚で治療を行っていきましょう。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0