赤ちゃんがほしい。子供がほしい。だけどなかなか妊娠できない。そんな悩みを抱える方のために、様々な情報を掲載しています。

子宮筋腫・子宮内膜ポリープ

赤ちゃんがほしい、子供がほしいと思う人にとって、子宮の病気も無視できない病気の一つです。子宮の病気では、子宮筋腫や子宮内膜ポリープが代表的です。

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)は、子宮の筋肉にこぶのようなものができる病気です。こぶ自体は良性の腫瘍です。転移の可能性などもほとんどなく、成人女性の3割に子宮筋腫があるのではないかと考えられているほど、一般的な病気です。

月経が多かったり、痛みなどの自覚症状があります。また、診断によっては、腫瘍が妊娠を妨げる可能性や、流産の危険性があると判断される場合もあります。この場合は、摘出手術が必要となることもあります。

子宮内膜ポリープは、子宮の内膜に良性のポリープができる病気です。女性ホルモンのエストロゲンの影響が大きいと考えられています。月経が多いなどの自覚症状があります。

受精がうまくいっても、子宮内膜ポリープが邪魔をして着床がうまくいかない着床障害となり、不妊の原因となる可能性があります。この場合は摘出を行う必要が出てきます。

いずれも超音波検査によって判明します。赤ちゃんが欲しい、子供が欲しいという人にとって、注意していかなければいけない病気です。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0