赤ちゃんがほしい。子供がほしい。だけどなかなか妊娠できない。そんな悩みを抱える方のために、様々な情報を掲載しています。

黄体機能不全

黄体とは、卵巣で卵胞が排卵した後に作られる器官で、卵巣に残った卵胞が黄体化し、プロゲステロンという黄体ホルモンを分泌します。

黄体機能不全(おうたいきのうふぜん)とは、このプロゲステロンの量が通常よりも少ないため、子宮の内膜が適度な厚さにならず、受精がうまくいかないことを指します。

卵巣の機能は、脳にある視床下部や下垂体の命令を受けて正常に働きますが、視床下部や下垂体に異常があると黄体機能不全になることがあります。また、喫煙やストレスが黄体機能不全の原因になることもあります。

自覚症状としては、基礎体温の高温期が通常よりも短くなります。厳密に何日という区分けはされていませんが、10日未満になった場合は黄体機能不全を疑った方がいいかもしれません。やっかいな疾患ですが、赤ちゃんがほしいと考える人にとって、基礎体温で判断しやすいのはありがたいかもしれません。その他血液検査でも判明します。

治療にあたっては、黄体ホルモン剤により黄体ホルモンの補充を行ったり、排卵誘発剤などを使用していきます。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0