赤ちゃんがほしい。子供がほしい。だけどなかなか妊娠できない。そんな悩みを抱える方のために、様々な情報を掲載しています。

高プロラクチン血症

プロラクチンは脳下垂体から分泌されるホルモンで、母乳が出ることに深い関わりがありますが、高プロラクチン血症は、このプロラクチンが異常分泌され、子供を出産していないのに母乳が出たり、生理が止まったりと行った症状が現れます。

高プロラクチン血症は、排卵障害や着床障害を引き起こすため、赤ちゃんがほしい、子供がほしいと願う人にとってやっかいな病気といえます。

前述の母乳が出るといった症状の他に、胸が張った感じがするケースがあったり、逆に自覚症状がないケースもあります。血液検査などで判明するので、赤ちゃんが欲しいけれどなかなか授からないという場合は、検査を検討してみる必要が出てきます。

原因が不明な場合も少なくない高プロラクチン血症ですが、脳下垂体に腫瘍がある場合に高プロラクチン血症にかかるケースがあります。

この場合は、腫瘍の大きさを判断して、薬物療法か手術かを選択するような形になります。

脳下垂体に腫瘍が見つかった場合は、不妊治療だけでは済まなくなってしまうので、脳神経外科の受診を検討する必要があります。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0