赤ちゃんがほしい。子供がほしい。だけどなかなか妊娠できない。そんな悩みを抱える方のために、様々な情報を掲載しています。

男性側の不妊原因

不妊の原因として、女性側だけでなく男性側に原因がある場合もあります。そのため、赤ちゃんが欲しい、子供が欲しいと願う夫婦は、二人三脚で不妊治療に取り組んでいく必要があります。

男性側の問題の多くは精液検査でわかります。原因に関してもいくつかありますが、治療を行うことで妊娠へとつながるケースは少なくありません。

赤ちゃんがほしい、子供がほしいという気持ちを変わらずに持ち続けていきましょう。

icon 乏精子症

一般的な健康体の男性は、精液1mlに2000万個もの精子が存在するといわれています。乏精子症はこの精子の数が、一般よりも少ないことを指します。

icon 精子無力症

精子は活発に動いていて、動いている精子がどのくらいいるかを運動率で表していますが、運動率が50%を下回ると精子無力症と診断される恐れがあります。運動している精子が少ないと妊娠の確率もぐっと低くなります。

icon 無精子症

名前の通り、精液の中に精子が見あたらない病気です。精巣内に精子がいれば、顕微授精などで治療を模索していきます。

icon 精路通過障害

精子の通り道である精管に何らかの問題があって、精液に悪影響を及ぼす症状です。手術を行うなどの治療法があります。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0